スワップポイント運用【トルコリラ円】

政策金利がダントツで高い【トルコリラ】

トルコの通貨「トルコリラ(TRY)」は、政策金利24%で高金利通貨のなかでも一番高く、おすすめの長期投資向け高金利通貨です♪

ここでは、そんなトルコリラ円でのスワップポイント運用方法をご紹介しています。

トルコリラの投資に興味のある方は、是非ご参考にしてみてくださいね!


スワップポイントとは?
2国間の金利差調整分としてもらえる利益のことで、日本円のような低金利通貨でメキシコペソのような高金利通貨を買うと、その金利差を金融機関(FX取り扱い業者など)より毎日還元してくれるのです。

長期投資に向く高金利通貨のなかでも人気があるものは、このトルコリラのほか、メキシコペソや南アフリカランドなどがあります。

それぞれの金利は時期によって上下しますが、日本円(マイナス0.1%)や米国ドル(2.4%周辺)と比較すると、これらの通貨は金利が高くとても魅力的です。

その中でもトルコリラの政策金利はなんと24%(2019年5月)と、米ドルの10倍近い高金利になっています。

近年、FXのスワップポイント運用でも大注目で、トルコリラを取り扱うFX会社もぞくぞくと増えています。

少ない資金で取引できる

通貨ペア レート 1Lotあたりに必要な証拠金
トルコリラ/円 18円 7,200円
米ドル/円 107円 42,800円
豪ドル/円 75円 30,000円

【10万円の証拠金で運用した場合】

通貨ペア(円) 保有数(Lot) 1Lotあたりの買スワップ 1日あたりの買スワップ 年間買スワップ
トルコリラ 13.8 100円 1380円 503,700円
米ドル 2.3 80円 184円 67,160円
豪ドル 3.3 30円 99円 36,135円

(2019年7月調べ みんなのFXより)

トルコ共和国ってどんな国?

トルコ共和国の基本情報

トルコ地図
トルコ共和国は、東ヨーロッパと西アジアにまたがる国で、イスラム圏の大国です。

NATO(北大西洋条約機構)、OECD(経済協力開発機構)、OSCE(欧州安全保障協力機構)に加盟していて、欧米諸国との同盟関係をとても重視しています。

また日本とトルコは120年にも及ぶ友好の歴史があります。

イラク・イラン戦争中のトルコ政府による邦人の救出、東日本大震災やトルコ東部ヴァン県を震源とした大地震の際には、お互いに支援・救助を行うなど、親日国としても有名です。

イスタンブール

トルコ共和国は、古代ギリシャ、ペルシャ帝国、古代ローマ帝国、オスマン帝国との文化的な結びつきがあります。

国際都市イスタンブールは、ボスポラス海峡に面していて、この街を象徴国するアヤソフィア博物館があり、高くそびえるドームやキリスト教のモザイク画を見ることができます。

その他にも、17 世紀に建てられた壮大なブルーモスク、1460 年頃にかつてスルタンが居城していたトプカプ宮殿などがあります。

トルコ共和国の首都は、現代的な雰囲気の漂うアンカラです。

トルコの経済情勢

トルコのGDP

トルコの名目GDP(USドル)の推移
トルコGDP

トルコは北大西洋条約機構(NATO)加盟国で、アメリカから見れば対ロシアを考えるうえで地理的に重要な位置にあります。

ある調査によるとトルコ人に聞くトランプ大統領の支持率は、支持が11%で不支持は82%となっています。

エルドアン政権が選挙目当てで、国内をそういう雰囲気にした結果ともいわれています。

しかし、エルドアン大統領とトランプ大統領が電話会議を行ったということから、関係改善に向け両者の歩みよりがあったとみられ、今後の関係に期待が持てます。

トルコの人口の推移

1980~2023年の日本とトルコの人口の推移

日本は横ばいから右肩下がりになっていますが、トルコは右肩上がりで今後も伸びると予想されています。

2050年には人口が9700万人を超えると国連はみていて、その頃の人口は日本と逆転してるかもしれません。

また、欧州の中でもっとも平均年齢が低い国で、7700万人中42%が25歳以下とまさに今後伸びていきそうな人口分布となっています。

トルコの格付け

トルコの世界三大格付け

世界三大格付け会社によるトルコのランク付けは以下のようになっています。

Moody’s S&P Fitch
A3 or A- メキシコ
Baa1 or BBB+ メキシコ メキシコ
Baa2 or BBB
Baa3 or BBB- 南アフリカ
Ba1 or BB+ 南アフリカ
Ba1 or BB+ トルコ 南アフリカ トルコ
Ba3 or BB- トルコ

格付け会社は、政府が発行する国債や企業の社債の利払いや償還能力について、財務調査などを通して評価しています。

格付けを表す格付け記号は、格付け会社によってやや表記の仕方が異なりますが、基本的には長期格付けはトリプルAが最高位で、トリプルB(同Baa)までが「投資適格」と呼ばれています。

それ以下は「投機的格付け」とされています。以下がいわゆるジャンク級となります。
世界三大格付け会社世界三大格付け会社

トルコリラのメリットとデメリット

メリット
  • 政策金利が極めて高くスワップポイントも非常に高い
  • 若い労働力が豊富にあり、今後人口の増加とともに成長が期待できる
  • アメリカとの関係に改善の兆候がある
デメリット
  • 取り扱うFX会社が少なめ
  • 経済情勢が不安定でエルドアン大統領の言動も不安要素
  • 他の高金利通貨に比べ格付けが低い

トルコリラ円スワップ比較

各FX会社のスワップポイント

FX会社 スワップ スプレッド
ヒロセ通商 106円 1.7銭
セントラル短資FX 66円 1.7銭
LIGHT FX 100円 1.7銭
みんなのFX 100円 1.7銭
スプレッドとは?
スプレッドとは、その通貨ペアの買値と売値の差額で、金融機関(FX取り扱い業者など)にとっては収益となる、取引に伴って発生するコストとなります。

スプレッドが狭いとこんなメリットが!

たとえば、ある金融機関(FX取り扱い業者など)が0.7銭のスプレッドを提示していて、他社は0.4%だった場合、0.3銭の差となります。

1,000ドルでも3円、1万ドルなら30円、10万ドルなら300円といったように、レバレッジを効かせて大きな取引が可能なFXでは軽視できない違いとなってきます。

このようにコストが小さければ小さいほど、短期的な小幅の値動きでも収益を狙いやすくなり、取引回数が増えるほどスプレッドの狭さが有利になります。